クマ検知AIシステム

クマ検知AIシステム

AIサーバーと防犯カメラを組み合わせた、
クマ検知AIカメラソリューション。

地域住民を悩ませる、
クマによる被害

  • 人が襲われる 普段は降りてこない山林などに、野生のクマが出没し、人が襲われてしまうケースが近年増加しています。

  • 農作物への被害 大切に育てた野菜や果実などの農作物の畑が、クマによって荒らされる被害が後を絶ちません。

  • 生活圏への侵入 山林から抜け出し、民家や施設など人間の生活圏へ侵入してくる事件も近年増えつつあります。

FACE BEARが、
地域の環境を
守ります

「AIサーバー」と「防犯カメラ」を組み合わせた〝クマ検知AIカメラソリューション〟、
FACE BEAR(フェイスベアー)が、地域の安全と環境を守ります。

生態系を破壊しない、
持続可能な環境づくりに貢献

AIによる
〝ディープラーニング(学習)〟
を行うことで、
より精度の高い検知が
可能となります。

〈専用アプリ〉 の
ダウンロードはこちらから

システム導入のご相談・
資料請求はこちら