サーモカメラの適切な使用の普及を目指して ダイワ通信、日本コンピュータビジョン、アイリスオーヤマの三社による「サーモカメラコンソーシアム」設立

2021 / 04 / 23

 

この度、弊社は、日本コンピュータビジョン株式会社(東京都千代田区) 、 アイリスオーヤマ株式会社(宮城県仙台市)と三社共同で、「サーモカメラ」の適切な使用方法の訴求、信頼性向上を目的として「サーモカメラコンソーシアム」を発足いたしました。

新型コロナウイルスの全世界的な感染者拡大により、人が出入りするあらゆる場所における感染症対策の一つとして、サーモカメラによる温度検知も急速に普及しています。一方で、設置環境や使用方法、メンテナンスについて、適切な取り扱いが必要となりますが、設置場所や、着用物による影響など、様々な要因により、正しい温度検知結果が得られないことによる課題も発生しています。

そこでこの度、お客さまに対する適切なサーモカメラ使用ガイドラインや、サーモカメラ機器性能基準の策定及び普及を目的とし、国内でサーモカメラを提供している3社共同で「サーモカメラコンソーシアム」を設立することとなりました。

 

本コンソーシアム発足の目的は下記のとおりです。

・ユーザーがサーモカメラの機能・性能を適切かつ効果的に利用できる。

・ユーザーが安心して顔情報を基にしたサーモカメラ機器を利用できる。

・ユーザー・パートナーが、信頼できるサーモカメラ機器や設置業者を認識できる。

 

サーモカメラの適切な使用に関してのガイダンスを発信し、Withコロナ、アフターコロナにおける適切な温度スクリーニングを実施頂くことを推進致します。

 

活動内容は下記のとおりです。

・サーモカメラ機器使用ガイドライン策定

・認定評価基準機能及び性能 策定

・サーモカメラ機器認定発行

・導入パートナー向けトレーニング

 

今後、国内のメーカーや、大学教授・弁護士などの参加の検討、業界関連団体との連携などを通じて、サーモカメラ業界横断の団体として推進していく予定です。

 

コンソーシアムWebサイト:https://www.thermocamera.org/

 

◆ダイワ通信株式会社

○設立年月:1996年4月
○代表取締役社長:岩本秀成(いわもとひでなり)
○所在地:石川県金沢市入江2丁目180番地
○主な事業内容:防犯カメラ、監視カメラ、AI顔認証体温検知システムの開発/販売/施工/保守「Monitoring the Future 未来の街に、さらなる安心・安全を」

日本のブロードバンド社会は常に進化を遂げ、国際的にも高速通信化と低価格化が進み、IoTやAI化により更なる進化を遂げています。

この多様化する社会において、弊社はテクノロジーを駆使したセキュリティ監視システムを用いた安心・安全な街づくりを創造し具現化することで社会貢献に繋げて参ります。

 

◆日本コンピュータビジョン株式会社

○設立年月:2019年5月
○代表取締役社長:Andrew Schwabecher(アンドリュー シュワベッカー)
○所在地:東京都千代田区麹町2-5-1 WeWork 半蔵門PREX South 6F
○主な事業内容:画像認識技術をベースとした製品の開発及び提供。

画像認識ソリューションの開発および提供を行うソフトバンク株式会社の100%子会社でAI(人工知能)などの技術がもたらす利便性と効率性をあらゆる産業に提供し、全ての人々の暮らしをより豊かにすることを目指しています。現在、日本国内でも顔認証をはじめとした画像認識技術が、空港などさまざまな場所で活用されています。JCVは、こうした画像認識技術を活用し、さまざまなビジネス向けソリューションを提供します。

詳しくは日本コンピュータビジョン株式会社https://www.japancv.co.jp/をご確認ください。

 

◆アイリスオーヤマ 株式会社

○設立年月:1971年4月
○代表取締役社長:大山 晃弘(おおやま あきひろ)
○所在地:宮城県仙台市青葉区2-12-1
○主な事業内容:生活用品の企画、製造、販売

アイリスオーヤマは、生活用品を扱う業態メーカーベンダーという独自の仕組みを活用して市場創造をしています。生活者目線でのものづくり(=ユーザーイン発想)によって毎年1,000点の新商品を開発・販売しアイテム総数は25,000アイテムを超えます。現在は、法人向けLED照明を中心に建装事業やAIカメラソリューション事業、ロボティクス事業などBtoB事業の事業領域も広がっています。

詳しくはアイリスオーヤマ株式会社 https://www.irisohyama.co.jp/ をご確認ください。

全てのお知らせ